脚のすねの乾燥とお風呂の入り方

すねが乾燥している人は洗い方が悪い?

【状態】かさかさ・赤み・かゆみ

50代

どちらかというとゴシゴシしっかり洗う方が好きで、昔はナイロン製のボディタオルで洗っていたのですが、それは肌によくないと聞いてからは綿100%のボディタオルを使っています。でも、すねはあまりゴシゴシは洗わないように気をつけています。

【状態】カサカサ・白く粉吹き

30代

ナイロン製の硬さは普通のタオルで洗っています。特にひじやひざなどは、どうしても力を入れてゴシゴシ洗ってしまいます。皮膚が固くなっているので、角質をはがすように洗ってしまうクセがついてしまっています。

【状態】白く粉吹き

40代

私は体を洗うとき、洗浄パウダーかムルタニミッティ(クレイ・粘土)を使っています。洗浄パウダーの場合は、泡立てネットを使って洗面器いっぱいに泡を作り、その泡を手で体に付けて優しく撫でるように洗っています。ムルタニミッティの場合は、お湯でこねてマヨネーズ状にしたムルタニミッティを体全体に薄く伸ばしてパックし、数分後に洗い流しています。

【状態】ひび割れして痛い

30代

まず、体全体を少しぬるま湯で温め、その後湯船に3分くらい浸かります。浸かった後ナイロン製のタオルで首筋から下へ向かって徐々に洗っていきます。あまり強くこすらずに、なでるように洗います。最後に体全体を少し熱めの湯で、シャワーにて全体を洗い流します。

【状態】白く粉吹き痒み

28歳

普段はタオルを使わずにボディソープを泡立てて手で洗っていますが、膝から下は垢が溜まりやすい気がするのでけっこう力をいれて垢を?がすようにこすり洗いをしています。

【状態】白く粉吹き

40代

以前はスポンジを使って洗っていましたが「すね」の荒れがひどくなってしまいました。細菌は泡のボディウォッシュを使って、なでるように手で洗っています。白く粉を吹いている「すね」はできるだけこすらないように、そっと洗っています。

【状態】全体に白く粉吹き

40代

天然素材のウォッシュタオル(粗めの絹)に石けんをつけてこすっています。ただ、冬は特に乾燥が激しいので、ゴシゴシせずにかるくなでるように洗います。きちんと汚れが落ちていないときは、湯船に浸かっているときに垢がふやけてでてくることがあるので、あたたまったころに指やタオルで再度軽くなでて落とすようにしています。

【状態】粉吹きでカサカサ・干ばつ地帯みたい

41歳

皮膚が弱く乾燥しやすいので、基本的にボディーソープを手に取って軽く泡立て、手のひらでこすらない様、優しく洗っています。1カ月に一度くらいの間隔で、柔らかめのナイロンタオルで落としきれなかった角質を落とすため、刺激の無いよう優しく洗っています。

【状態】ひび割れ・かゆみ

40代

もともと乾燥肌の体質で、タオルなどでこする体の洗い方はよくないと聞いたので、石鹸を泡立てて素手でなでる程度で洗っています。また乾燥がきついと感じた日は石鹸をつけて洗うことはしないようにしています。洗いすぎることで余計に肌を傷つけてしまうので。

【状態】カサついて粉吹き

30代

柔らかめのナイロンタオルで泡をいっぱい立てて、ゴシゴシこすらない様に洗ってます。ナイロンタオルは、毎日使用せず1日置き程度です。使用しない日は、泡を立て手で撫でる様に洗ってます。

なぜ脚もこすっちゃうの?

顔の乾燥の場合は肌をこすりませんよね?

でも脚になるとなぜか擦ってしまう人が増えます。顔の皮膚はデリケートだからというのは当たり前。でも脚もそうなんですよ?

特にすねが乾燥しやすいのは、それだけ皮膚が薄いから。そして皮脂が出にくいから。むしろ顔より厄介なこともあるくらいなんです。

すねの乾燥が治らない人は、まずそのこすりすぎをやめること。それでも乾燥が改善しない場合は、保湿クリーム。でも保湿クリームで一向に良くならない人もいますよね。その理由が細胞間脂質。これを増やすことがすねの乾燥改善の一歩です。

参考:足のすねの乾燥対策(保湿クリームが効かない理由)

足のすねがいかに乾燥しやすいか?細胞間脂質、特にセラミドを増やすためのケアがいかに重要か分かります。

こすらない、セラミドを増やす。この2点さえ抑えれば、すねのガサガサも軽くなるはずです。

綺麗な脱毛処理も乾燥具合で変わる

脚のすねの乾燥というと気になりにくい部位ですが、意外なところで指摘されることがあります。

それが脱毛サロンです。

脱毛処理をする場合、あまりに肌が乾燥していると処置を断られます。どうしても肌が荒れてしまうからです。

乾燥肌で脱毛サロンに断られる理由

そして乾燥しているかしていないかで、脱毛処理後の見た目も変わります。どちらにしても脚のスネが乾いているというのは非常にマイナスなんですね。

脱毛すれば美脚になると言うのはその通りかもしれませんが、毛がなくなるということは、より素肌の差が分かるということ。綺麗な脚を目指すなら、毛だけでなく肌の保湿というのも非常に重要なんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加